本文へスキップ

ブランド古物市場・初めての古物市場参加でも、安心して売買出来る古物市場を運営しています。

今までの様な変な確執の無い、新しい発想の古物市場です。

オークションZERO体験記

これで、不安ZERO

  • ここでは、初めて市場に参加する方に向けた、「初めての方を想定したオークションゼロ体験記」です。

    途中で帰る事も、遅れて来て頂いても大丈夫ですが、基本的には市場OPENから終了まで(10時~19時くらいまで)売買するのが市場のスタンスです。(良い場所を取りたい人は早めに来ることをお勧めします。途中からくると最後列になります)

     

    下記の時間は5月14日の例でスタート時間以外、時間や小物の取り扱い時間など、内容は毎回変わります。

    09:30 スタッフはいますが、まだイスの準備とか出来てません。
    09:50 気の早いお客様の来場が始まります。常連さんなどは、このゆっくりとした時間で同業の方や当市場関係者との会話を楽しみます。また、最前列で入札したい人など(席が早いもの順なので)自分の席を確保します。
    10:10 一気に人が増えます。入場料(一人3000円)の支払いで入札番号を貰えるので、会計に列が出来ます。自分の席を確保した後は、皆さん飲み物と軽食コーナー(無料)がありますので、飲みながら談話を楽しみます。皆さん同業者なので話しが弾みます。
    10:20

    市場参加者テーブルへ本日の出品物が流れ始めます。真贋チェック済みですが、皆さん真剣に改めて状態や真贋をチェックします。

    この時、出品物にタグ(番号)が付いています。落札したい品があれば、ここで番号を控えておき、オークションが始まった時の入札に備えます。

    10:30 出品物がゾロゾロと皆さんの前を流れていき、場に到着した時、いよいよオークションスタートです!まず、出品者名を名乗り、出品番号(タグの番号)を言います。その後、金額を言います。買い手が多い時には即時、値が釣り上がっていきます。買い手が居ない時は金額を下げていきます。自分が相応しいと思う金額で落札して下さい。
    11:00 遅れた方や途中参加組みの方も出揃い、満卓になります。1品だいたい10秒ペースで進むので、全員真剣です。一度参加すれば解りますが芸術と言うか、見てて飽きません。ここが「オークションZERO!」な瞬間です。たまにルイヴィトンのチェーンなど際物が出ると激しい競合いがおきます。醍醐味であり、最高に楽しい瞬間です。
    12:15 出品者が変わるタイミングで昼食休憩を挟みます。昼食はZEROから無料で配られます。いつも3種類くらいありますので、好きなのを選びます。ドリンクも無料なので好きなのを持っていって下さい。因みに、いつも40分くらいしか昼食時間取ず、しかも休憩終わりの5分前には出品物が流れ始めますので、実質30分くらいしか休憩時間無いかもしれません。タバコやトイレに用のある人は結構シビアな感じになります。

     

    前場のまとめ

    オークション開始は10:30ですが、出品物の確認は大体10分前には流れ始めます。

    また、席は早い者勝ちなので、後記する山(お楽しみ箱)や購入点数が多い人は最前列で入札すると色々便利です(最前列であんまり入札参加しないと社長に嫌味言われますけど)

    大体10時くらいまでに来るとスムーズな感じで市場に臨めます。

     

    12:45 オークションスタート時間の5~10分前に商品が流れ始めます。外でタバコ吸ってる人(席についてない人)パラパラ居ますが、商品は流れていきます。

    12:50

    午後のオークションがスタートします。みんなお腹いっぱいで眠かったりするハズなのですが、集中力が途切れません(特に前列の人)。欲しいものを適切な値段でバシバシ落札していきます。
    15:00 小休憩が入ります。このアタリから、他の市場参加者(特に前列)の人たちが妖怪じみて見えてきます。一度参加すると解りますが、もう、この時点で1000点近い売買が行われており、頭の処理能力が限界と言うか、ゴハンも食べてボーっとしているのですが、前列の人たちは淡々と同じスピード、同じテンション、同じ相場感で落札を続けます。小休憩は10分程度と短いので、急いでトイレ・タバコ休憩に行くなど、みんなバタバタと休憩します。
    16:00

    山崎Jrが壇上に上がります。日によりますが、時計などの小物が多い場合などは会場を2つに分けてバックと時計に分けてオークションを開催する事もあります。この日は出品数が多いので、社長から山崎Jrに場が移ります。(朝に聞いてくれれば、分けるかどうか解ります。また、時計が多い時には最前列に展示コーナーがあるので、事前に確認する事も出来ます)。

    社長は別コーナーで競を始めます。

    16:10

    山崎Jrまだ経験が浅く、テンポが遅いです。最前列の人たちはイライラしている人も居る様ですが、市場参加経験が少ない人は、入札しやすくなります。少しでも山崎Jrが口ごもるとすぐにツッコミが入ります。ワイワイ楽しい時間の始まりです。

    17:20

    時計の競が終わり、社長がバックコーナーに戻ってきます。

    小物が多い日は山崎Jrと社長(山崎)が別々に分かれて同時にオークションを行う場合がある様です。
    別々にやるかどうかは、午後決定するので、スタッフに聞く事と、市場が始まる前に、自分が欲しい小物を選別しておく必要があると思います。

    18:30

    みんなお楽しみの「山」が流れてきます。みんなと書きましたが、興味がある人、無い人がハッキリ出ます。
    この「山」は、1つ1つでは500円や1000円程度と2000円を切ってしまう様なジャンク品の集まりで、偽物は有りませんが、汚かったり、かなり綿密なクリーニングや補修が必要な物品の集合体で、1つのダンボールに5品~100品程度入って流れます。大規模店舗やリサイクルショップ、海外バイヤーなどが熱く競り合うお楽しみタイムで、オークションっぽい時間が流れます。良く見ると、掘り出し物が混ざっていたりと、売り場やルートを持っている人には大変お得になる可能性が高い商品となっています。
    「山」が始まった頃から、「山」に興味が無い人は会計を始めます。

    19:00

    会計が本格的に始まります。落札が100点を超える人など、金額が派手です。正に現金商売なんだなぁ~と実感します。また、会場から自分のお店などに向けて発送手続きを行います。落札量が少ない人は、ダンボールに詰めて持って帰る人も居ます。会場からの発送は佐川急便であれば、伝票などもオークションゼロ側で用意しており、発送人員(佐賀急便の人)も待機しているのでスムーズです。

    19:30

    会計が終わって、社長が落ち着くタイミングを見計らいながら、後ろの軽食コーナーで、今日のオークションを振り返りながら、常連の人がお茶を楽しみます。社長が落ち着くと、別れや文句を言って帰ります。

     

    まとめ
    基本的には朝から晩までガッツリ買う人が多く、市場も左記の人を想定してスケジュールされています。
    初めての人が競り合うと、独特の雰囲気に呑まれて、相場から外れた買い物をしてしまうので、市場に馴れるまでは、競り合いは2回くらいまでと心に決めて参加した方が良いです。
    因みに、社長に「あだ名」を付けて貰うのがZEROでは、ちょっとしたステータスで、大概は酷いあだ名を付けられるのですが、このあだ名を持っている人は真の常連であり、ちょっとした我侭を聞いて貰える特権を与えられます。

     


会場案内
市場日程
委託販売
市場風景
会員規約
ZEROロゴ
株式会社オフィスZERO

〒222-0033
横浜市港北区新横浜2-7-19
竹生第二ビル3F

TEL 045-620-5513
FAX 045-620-5523

会社概要
facebook個人情報会員規約

 HBA
 新しい発想のビジネスオークション

   協賛
 株式会社カシコシュ(長谷工G)  

 HBオークション開催日程 

  07月07日(金)
  08月04日(金)
  09月01日(金)

4月からHBAは当会場に変更になり、ZERO会員のお客様にも参加しやすく、さらにバージョンアップ致します。
 詳しくは